The CentOS Logo Vertical Version With Registered Trademark

こんにちは、じょえずです。

前回はWindows上にvirtualboxを使って構築したCentOS7用の仮想マシンを起動して、起動ディスクにCentOS7のISOイメージを選択したところで終わりました。

今回はその続きです。

これまでのまとめとしてはこちらを参照下さい。

ブログ執筆時点の情報に基づいて書いておりますが、バージョンの違いやアップデートなど、環境の違いなどで、記載通りに動作しない事もあり得ます。

実際に操作・構築する際は自己責任において、概念・概要を把握する参考としてご活用ください。

マウスのキャプチャと解除

さぁ、virtualboxのCentOS7用仮想マシンを起動して、CentOS7のISOイメージを起動ディスクに指定して、インストールが始まってしばらくたつと言語選択の画面になります。

img001
この画面になるとマウスを認識します。

仮想マシン(ゲスト)のウィンドウにフォーカスが当たるとキャプチャといって実マシン(ホスト)上のマウス・キーボードの操作がなぞられて(捕捉されて)仮想マシンにたいする操作と認識されます。

その状態を解除するには、ホストキーと定義されたキーを押下することで行われますが、デフォルトでは「right Contorl」(キーボード右側のCtrlキーです)と仮想マシン(ゲスト)のウィンドウ右下に表示されています。

一度仮想マシン(ゲスト)にフォーカスが当たると、いちいち解除キー(ホストキー)を押さないと実マシン(ホスト)側の操作に戻れないので、この状態は結構使いづらいです。インストール終了後に「Guest Addtions CD」でツールを追加するとマウス・キーボードのホスト・ゲストの切り替えが自動で認識してくれるようになりますので、これは後で説明します。

とりあえずこのまま前に進みましょう。

インストールの概要

「インストールの概要」で「ソフトウェアの選択」と「インストール先」を設定します

img002

ソフトウェアの選択

デフォルトでは「最小限のインストール」が選択されていますが、これだとデスクトップ環境が入りません。「ソフトウェアの選択」をクリックすると、

img003
「ソフトウェアの選択」画面になりますので、インストール内容を変更します

とりあえず、GNOME Desktop(グノーム デスクトップ)を選択し、選択した環境のアドオンは適当にチェックしてみました。ただ「開発ツール」は選択しておきましょう。後でツールの追加に必要なので。

ちなみにサーバーやベーシックWebサーバーなんかを選択して、そのアドオンをみると、様々なサーバー機能がセットアップできるようになっていました。いろいろ仮想マシンを定義して試せそうですね。

完了ボタンを押します。

「インストール先」についてはクリックすると自動で設定されるので、画面左上の「完了」をクリックするだけで構いません

それぞれ設定が「完了」すると、内容のチェックが行われます。「!」という表示がなくなると右下の「インストールの開始」がクリックできるようになります。

img004

ユーザーの設定

「インストールの開始」をクリックするとファイルのコピーが始まります。同時に画面上は「ユーザーの設定」画面が表示されます。

img005
「rootパスワード」をクリックしてrootパスワードを設定して完了をクリックします。
img006
次に「ユーザーの作成」をクリックしてユーザを作成し、完了をクリックします。とりあえず管理者にもしておきましょう。いろいろ触るにはの後々便利ですので
img007
これらの設定は再起動後サインインする際に必要になりますから、忘れないようにしましょう。

再起動

ユーザーの設定が済んで、ファイルのコピーが完了するとインストールは終了です。

img008
「CentOSが正しくインストールされ使用準備が整いました。」「使用開始するには再起動してください。」と表示されています。

「再起動」ボタンを押しましょう。

DOS的なBIOS風なブート画面の後、サインイン画面になります。

サインイン

先ほどユーザーの作成で設定したユーザー名とパスワードを入力して「サインイン」します

img009
初回起動時は「ようこそ」画面が表示されますので、言語を選んで「次へ」を押していきましょう
img010
続いて「入力」とか出ますのでデフォルトで「次へ」と進めましょう。
img011
「設定完了しました。」がでればインストール及びセットアップは完了です。
img012
「CentOS Linux を使い始める」をクリックしましょう。

ヘルプ

「CentOS Linux を使い始める」をクリックするとヘルプ画面が表示されます

img013
ヘルプ画面はいつでも再表示できるので閉じておきましょう。

ここまでのまとめ

CentOSのインストール時は

  • マウスとキーボードのキャプチャをゲストからホストに戻すには解除キーを押す
  • インストールするソフトを選択する
  • ユーザー設定を行う
  • 初回起動時に設定画面がでる

これでWindows上にVirtualBoxで仮想マシンを定義し、そこでCentOS7を動かす準備が整ました。

次回は、マウスとキーボードのキャプチャを自動で行わせるための設定などを紹介します。それでは!